5海外業者


FXでは新規注文のタイミングを重視する

97h FXは通貨を銘柄にし、為替市場のレート変動を使って取引きを行っていく金融商品になります。
異なる2つの通貨が一組になった通貨ペアというものを、相互に売買をしてその為替差益を求めていくのですが、その際に抑えておくべき重要な点がいくつもあります。

例えば、注文をして売ったり買ったりして保持している通貨をどのぐらいの期間で持ち続けるのか、通貨の価値が幾らになったら決済すべきか、損失を含んだ場合はどこまで我慢すべきか、など、どれ一つを欠いても、投資取引を成功させることはできません。

そうした項目の中では、実は見落とされがちなのですが、取引きをしていく上で一番に重要で、そして実際問題としてとても判断に迷うことが、いつ新規の注文を立てるのかということ、つまり、投資取引にエントリーするポイントの決定になります。

このエントリーポイントの決定は、FXのような相場取引の場合には特に重要で、さんざん悩んで新規注文を立てたものの、どうにも為替レートの動きが渋く、泣く泣く損失で決済注文をして仕舞にした途端に、利益方向にレートが伸びていったなどという事は、FX取引きをしたことがある投資家では、あるあるネタを通り越して日常的な事柄にもなりえる事象でしょう。

こうしたことを避けるためにも、エントリーポイントの策定は慎重に行うべきであり、これを決定するにあたっては、こうした直接の為替レートの予測に特化した分析方法、つまり、過去の値動きを捉えて図表化したチャート図や、値動きの数値を計算式に当てはめて導き出されるテクニカル指標などを使用しておこなわれる「テクニカル分析」を用いる必要があります。
もちろん、テクニカル分析を用いることによって、常に最適なエントリーポイントを定めることができる訳ではありませんが、複数のチャート図やテクニカル指標を使うことによって、為替レートの変動を予測する精度を高めていくことは可能です。

例えば、過去の為替レートの値から、その流れの傾向であるトレンドを見出すことのできるトレンドラインというチャートを用いれば、そのレートの流れが反転する近辺を探ることができますので、ここをエントリーポイントとすることができますし、為替レートの方向性と転換期を視覚的に判断できる一目均衡表というチャートを用いれば、雲と呼ばれるエリアを為替レートの移動ラインが突破した時点でエントリーする、という具合に、見たままでポイントを探ることもできるのです。

このように、いくつかのチャート図を用い、様々な状況でのエントリーポイントを定めていくことによって、少しずつ経験を積み上がっていき、やがては自分なりの的確な見当をもってしてエントリーポイントが判断できるようになってくるでしょう。




 

レバレッジ

レバレッジはてこのことであり、少ない金額を元にして大きな金額を動かす意味ですが、取引業者により異なるのですが、最大400倍程度のレバレッジを聞かせられます。そして、外貨預金や外債などといった商品の時は、常に円を売ることになるので円安の局面にならなければプラスにすることができないのです。ですが、fxの時は円を買うことができますから円高の曲面でもプラスにできます。ですから、とてもお得なことがあります。




rerew